■ まだまだ期待!国産自動車



■ 下がり目だった国産自動車

ここ最近の日本自動車はあまりパッとしないのが多かった。 唯一自慢できるとしたらハイブリッドぐらいだった。 他には特に自慢できる品質もなく、走りにしても元々上位にたっているわけではなかった上に、 燃費や値段の事もあり順位が下げられてしまったのです。

一方中国や韓国は追いついてくる。もともと前にいたアメリカやヨーロッパには 更に距離をおかれてしまう。 しかしようやくこの状況の中で日本の国産車も進みだしてきている感じがある。 マツダのSKYACTIVテクノロジーなどがそうである。

ガソリンエンジンの想像を超えた、能力と燃費を成長させたSKYACTIVーGにはビックリ した方も多いのではないのでしょうか。 そのエンジンを載せたデミオの燃費は、ハイブリッドと同様の燃費をだしているのです。

エンジンの技術が世界の先に行っているということは実に素晴らしいことなのです。 これをきっかけにもっと世界を攻めてほしいという気分である。 これだけじゃなく、電気自動車も捨てたものじゃない。 電気自動車もいち早く展開したのも日本なのである。

電気自動車については大分他の国よりも前に進んでいるといえます。 そしてもう一つ、トヨタのレクサスは非常に感心できるといっていいでしょう。 ヨーロッパの人たちもあっといわせるに違いないシャシー性能には驚愕である。

世界では走りをもっとよくしないと認められないというのがようやく伝わってきているのか、 やっと本当にレクサスは高級車に近づいているのではないのでしょうか。 元気のなかった日本車がこれから前を向いて世界と肩を並べて勝負していくのがとても楽しみである。